本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

最新の血栓除去術の抜け穴を指摘する。

こんにちは、李哲です。

血栓症に関して、西洋医学は新しい手術方法があるそうです。関連の動画は以下をご覧ください。

 

 

治るかどうかは後にして、手術動画の抜け穴を指摘します。

 

血栓がスムーズに取れるわけがない

 

血栓を針で通し、反対側からすくってくる。

パット見ただけでは、すごくきれいに血栓が取れるような感じです。

 

常識で考えてください。

人間の血液が流れるスピードは、以下のとおりです。

 

大動脈では毎秒1メートルのスピードが出ている

引用先:「血の巡り」と血管のはなし|健康の雑学|元気通信|養命酒製造株式会社

1秒に1mのスピードは遅くない。 

血栓は血管の壁にくっついて流されないことは、なにか「超強力な両面テープ」で血管壁にくっついているわけです。

 

血栓を通して反対側からすくうだけで、とろりと豆腐をすくうように取れるとは思わない。壁に貼った超強力な両面テープを剥がす時、壁が傷んだケースは良くあるでしょう。

 

人間も同じで、むりやりくっついている血栓をとったら、血管の壁が傷まないわけがないです。 

 

血栓は壁に強力に付いている 

血栓を溶かす薬は、血管の壁にも悪影響がある

 

西洋医学は血栓がスムーズに取れないと、また新薬で血栓症の周りを溶かすかも知れません。

 

ここで、また問題が出ました。

血栓を溶かして、周りの血管の壁は、溶ける副作用はないのか?溶けて穴が空いたら出血しますよ。足だったら、内出血で腫れて痛くなります。脳だったら脳出血、死ぬかも知れません。

 

上記の動画は、私が見ただけでも技術上にある問題で、後遺障害はまだ議論もしてないです。治療した後の後遺障害は、臨床結果を見るしかないから。

 

以前、血が出ないメスを報道したときも、同じ質問がありました。画期的な技術だと言うけど、細部には抜け穴だらけです。

 

www.li-hari.net

最大の問題:なぜ血栓ができるのかを解決してないので、必ず再発する

 

部品の改造・改良で手術後の後遺障害は最小限になるかも知れませんが、最大の問題が解決されてないです。

 

それは、血栓はなぜできたのか?

常識でも分かりますが、血栓症になる原因突き止めないと必ず再発します。

 

中医学は血栓症の原因に関して、なにか独自の考え方があるのか?過去記事で詳しく説明したので、どうぞご覧ください。 

 

www.li-hari.net

西洋医学はただのテクノロジー、科学的な物ではない

 

 鄭智城先生は以下の記事で、「西洋医学は外科手術。内科の病気に外科手術を行うと、死人が出ないわけがない」と言いました。

 

www.li-hari.net

 

上記の手術動画、見ている限り最先端の精密部品を使っています。言い換えると、このような部品がなかったら、西洋医学は治療ができない。

 

医学は日進月歩だと言われていますが、西洋医学はテクノロジーで、科学的なものではありません。

 

科学的な物と言うのは、検証して理論が正しいと証明されたものです。たとえば、漢方薬・鍼灸の治療効果。数千年の間に、数十億人の人体治験をしてきました。

 

ちなみに、中医学が心臓病(動脈血栓症など)を治せる理由は、ニハイシャ先生が論文で詳しく説明しました。以下の記事、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

  

西洋医学が新しい治療法を発表した時、先に喜ばないでください。未発見のが副作用・後遺障害があとで公表されます。

 

臨床結果を報道するのではなくて、発見を先にアピールするのは、営利目的があるからです。とりあえず大量に売って、副作用・後遺障害が起きたら、その時にまた話すのが製薬会社のやり方。

 

たとえば薬の副作用が便漏れだったら、便秘を治す薬だとして販売する。このやり方は、李宗恩博士の記事を見れば分かります。

 

www.li-hari.net