本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

鮮血が出るのに痛くない血便、漢方薬で奇跡的に治った例(上)

こんにちは。李哲です。

アメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

两个月大便出血奇迹治好_郑智城

(2012-6-13発表)

 

 

試行錯誤の処方箋

 

最近治療に来た一人の友人、血便があるそうです。

血便の量が多くて毎回トイレで用を済ますと、便器には赤黒い血がたくさん出ている。

 

友人はしばらく自力で治そうとしたけど、治らないので私を探して来ました。

 

血便の治療経験はけっこうあります。

以前、私も血便したことがあるから。

Been there,done that。

 

私はすぐ自信満々で友人に処方しました。

白頭翁湯(はくとうおうとう)のアレンジ。

処方した理由は、彼はお酒の付き合いが多くて、ある日飲み終わってから血便が出たからです。

 

しかも、彼は普段から栄養たっぷりの物を食べているので、私は実熱証だと判断したのです。

 

ところで、世の中には容易な事はないですね。

2日飲んでも友人は、ちっとも良くなってない。

 


 

私は頭を抱えました。

アギョウを追加して1日分を追加。

また反応がない。

 

f:id:li-hari:20180517175641j:plain

アギョウ(阿胶)の画像

 

私は彼に聞きました。

「大便は柔らかいですか?硬いですか?痛みはありますか?」

 

彼の答えは、「軟便気味で痛みはない、順調に出ています。ただし、大便したあと血がいっぱい出ているのが見えます。」

 

恥かしくなりました。

友人は私を信頼しているけど、今2回も試してダメ。信頼も限界がありますからね。

 


 

もう一度試すことにしました。

 

病歴が長いの時は、虚証が多い。

病気の原因は実証の熱かも知れないけど、こんなに長い間の出血で虚証になるでしょう。

 

そして、治療方針を変えて虚証だと診断して治療し始めました。

 

虚証だと診断したのは、友人の舌診では実証の症状が無いからです。逆に舌は太って湿気っぽく、薄い赤、舌苔は白。

 

友人が言うのは、病気になる前は房事(性行為)が多かった。

すべてが虚証の推測に合うのです。

 

先に様子を探ってみる為、参附湯(じんぶとう)を1週間を処方しました。飲んでから精神状態が良くなり、出血が少し減ったような感じ。

 

完治までいかないのか!

また落ち込みました。

でも、頑張って治すしかない。

 

箱の隅々を探して、黄土湯(おうどとう)を2日分作ってあげました。

心の底で思ったのは、「これで効かない事はないだろう」。

 


 

また落ち込みました。

全然効果がない!

友人は私をせめてなかったです。

すごく信頼してくれて、「続けて処方箋して!」と励ましてくれました。

 

私は心の底では自信が薄くなりました。

続いて桃花湯(とうかとう)を処方。

 

この桃花湯(とうかとう)は、煎じたあと本当に桃の花みたいです。大量の赤石脂に米を入れて煮詰めると、ドロドロのお粥みたいになり、最後はまた赤石脂の粉を同時に飲みます。

f:id:li-hari:20180507173236j:plain

赤石脂(しゃくせきし)の画像

 

またダメでした!

 


 

『傷寒雑病論』の処方がダメなら、簡単な生薬にしてみよう。

私は数年前に、アメリカの製薬メーカーが出してる韓国の人参をたくさん食べたことがあります。ビタミン剤みたいに包装されて売っているやつ。

 

人参を飲みすぎたのか、当時は10日の血便が止まらなくて、1両の熟地黄を煮詰めて飲んだら1回で治りました。

 

私は友人にも、この方法を使って見ることにしました。

 

しかし、やっぱりダメ!

本当に恥ずかしくなりました。

 


 

もう一度いろいろ考えて思いついたのは、長期的な下痢だったら烏梅丸(うばいがん)だろう?

 

以前、この烏梅丸(うばいがん)を使った事があります。

1杯ではなくて、半分しか飲んでないのに、2週間続いた血便がすぐ止まり、とても印象深かった。

 

そして、私は烏梅丸(うばいがん)を処方しました。

今度は附子、乾姜、桂枝、人参、胡椒などの温める生薬があるし、黄連・黄芩の消炎剤があるし、十中八九は効くだろう?

 

李哲の感想

上記の漢方薬を少し説明しようと思います。

 

1.白頭翁湯(はくとうおうとう)の適応症

 

肛門が熱くなる下痢には、効果抜群です。

たとえばコレラ

 

中医学では湿熱痢と言います。

排泄物の臭いが強烈で、一日何十回も下痢する時、白頭翁湯は神の薬です。

 

生薬:白頭翁の画像

生薬:白頭翁の画像

 

2.烏梅丸(うばいがん)の適応症

 

寄生虫感染を治すことで有名です。あとは、長年の下痢を治すときも有名。

 

この烏梅丸に関して、ニハイシャ先生は説明したことがあります。以下の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

3.桃花湯(とうかとう)の適応症

 

血と便が混ざって同時に出る。腹痛があり、1日の便の回数は20~30回。たとえばクローン病。

 

以下は一つの漢方薬治療例。

正しく処方しているので、効果バツグンなのです。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

4.黄土湯(おうどとう)の適応症

 

吐血に効く神の薬です。

 

吐血には、胃がんがあげられる。

つまり、胃がんは簡単に治せるものです。

 

一つの漢方薬治療例があるので、参考にしてください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

胃がんで死ぬ?

中医学を勉強した私には、わけわかりません。

 

しかし、ある医学では死ぬ患者が多いみたいですね。

 

5.参附湯(じんぶとう)の適応症

 

これは緊急救命に使うもの。死ぬ前になると、危険な症状が現れます。たとえば脂汗が止まらない、手足が氷みたいに冷たくなる、血圧が一直線で落ちる、呼吸が荒い。

 

ただの下痢にこの処方を使うのは、ちょっと大げさですね。

手足が氷みたい冷たい症状があれば、合うかも知れませんが。

 

6.漢方薬と鍼灸は、臨床効果がすべて

 

効果がないときは、漢方薬の処方箋が間違ったことを示します。

もしくは患者さんの飲み方に問題があり、禁止事項を守ってない。

 

鍼治療で効かない原因は、診断が間違って肝腎なツボを刺してない。

もしくは、十分な「得気」(とっき)を得てないのが多いです。

患者さん側の問題としては、鍼治療直後にお酒を飲んだなどがあげられる。

 

治療で失敗したからこそ、いろいろ分析が深まり、さらなる進化を得られます。

 

ある意味でいうと、漢方薬と鍼灸では経験をまとめる・反省が大事ですね。

 

~続編につづく~

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。