本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

コレステロール値でビビルあなたへ(2018-02-14修正)

こんにちは。李哲です。
 
前に患者との話で、
「卵は食べていいですか?」がありました。
 
彼女は考え方は典型的:
「卵黄はコレステロールを上げるから、食べないほうが良い」
 
コレステロールは何か。
健診を受けている皆さんはもっと詳しいはずです。
 
私は健診を受けないから、よく分かりません(笑)
 
西洋医学では、コレステロールが高いと心臓病と脳血管障害(脳卒中)になると言います。
 
確かに。
コレステロールの高すぎ(300とか400とか)だと関係はあります。
 
しかし、主な原因だとは言えない。
 
主な原因は違うものであります。
 
常識(Common Sence)で考えてください。
 
歴史で卵を食べ過ぎて死んだ人。
何人いますか?
 
のどに詰まって窒息死した人がいるかも知れないけど、
卵を食べ過ぎて死んだ人はいません。
 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180615/20180615151211.jpg?1529043158

 
倪海厦(ニハイシャ)先生の話によると、
数値が210(悪玉+善玉)に近い人は一番健康。
 
よく癌の患者が先生のところに来て言うのが、「私はほかの数値は正常です。コレステロールだけ低いのです。」
 
先生の答えは:
「だからあなたは癌になったよ!」
 
癌の患者。
コレステロール値が100以内の人が多いです。
 
コレステロール値が100から210に近ければ近いほど癌は治っている。逆に遠ければ遠いほど癌は悪化してる。
 
なぜコレステロールが必要であるかを説明しますね。
 
ニハイシャ先生の話によると、コレステロールが高い人は血が少しトロトロになっている。血液循環を良くするために心、臓は頑張って動くしかない。
 
つまり、これは心臓に良いのです。
適当な運動になるから。
 
ほかの動物も.人間も.内臓も同じ。
適切な運動.厳しい環境が必要。
 
試練が必要なのです。
 
温室の花.果物など。
どのくらい生命力が強いか。
言わなくても皆さんは分かると思います。
 
わざと血流をサラサラにする薬を飲むのはどうか?
これは心臓を寝かせて、「心臓の代わりに働くよ」と同じなので、結果はどうなるか。自分で想像してください。
 
人間の内臓.組織は、
代わってあげるとダメになります。
 
生まれつきの本来のものが一番良い。
 
しかも、倪海厦(ニハイシャ)先生はハッキリ言ってます。
血液をサラサラにする薬は、昔ネズミを殺すために作られたもの。成分はまったく同じです。
 
長期間飲むとその結果は、
血液の中の血栓が増える。
 
脳に血栓ができたら、一発で人生サヨナラ。
運が良かったら、半身不遂(はんしんふすい)。
 
周りに半身不遂の患者がいたら、聞いてみてください。
長期間の西洋薬を飲んだことがないか。
 
特に血液をさらさらにする薬。血圧を下げる薬。
 
ほとんどの方が飲んだことあります。
 

9割の病気は自分で治せる。あなたも私もおいしい患者? - 李哲鍼灸院 ☎03-6434-9915でも言ってますが、コレステロールが高い年寄りのほうが元気。

 
なぜ元気か?
上で私が話したのをよく見て下さい。
 
心臓が元気だからです。
 
コレステロールを下げる薬に関して、
もっと詳しく知りたい方は以下の本も参考になります。
 
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (ヴィレッジブックス)

怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる (ヴィレッジブックス)

  • 作者: レイモイニハン,アランカッセルズ,Ray Moynihan,Alan Cassels,古川奈々子
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 コレステロール値を下げるためにはどうすればいいか。
 
ある女性の患者から答えを聞きました。
運動すれば良い。
 
彼女は病院の先生から言われたそうです。
 
その西洋医学の先生は本当に良心がある先生です。
感服しました。
 
薬をドン~と出さないで、運動をすすめる。
こんな先生が増えればいいですね。
 
最初の話に戻りますが、
一日卵をどのくらい食べれば良いか。
 
倪海厦(ニハイシャ)先生の話は2個。
 
いくら身体にいいものでも食べ過ぎたらダメ。
食べないのもダメです。

均等的に取る。
これがコツなのです。