本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

冷え性なのに、鍼を回したら腰が燃えるように熱い!

こんにちは。李哲です。

今日は3番目のおばさんの施術記録。数回分をまとめて書きました。

 

2018-10-24 

いつもの鍼をして15分後に腰の鍼を回したら、おばさんが悲鳴を上げました。

「今日めちゃくちゃ響く!腰が燃えるように熱い!」

 

なぜか今日は、とてもうまくできたようです。

腎虚証なので腎臓を補う時は熱くなると、とても良いです。

 

まだ腕が足りないので、毎回熱くなるとは限らないですね… 

 

f:id:li-hari:20181115143715j:plain

 

2018-11-14

おばさんはいろいろ教えてくれました。

「鍼した日は、体が重くてグッスリ寝られる。腰痛は鍼を受けると良くなるけどね、また徐々に悪くなる感じ。でも、前より進歩しているのは分かる。

 

便通はもしちゃんと3食を食べれば出ると思うよ。今は基本的に軽く2食。太るから炭水化物も取らないんだ。最近寒くなったせいか頻尿がすごい、昨日は夜中に4回も起きたよ」

 

関元、中極を刺せば良いのに、おばさんは関元を怖がっているので、ほかのツボで代用しました。董氏奇穴の腎関と復溜で。効果がなかったら、またお灸とか考えるつもりです。

 

おばさんの話で一つ分かりました。

便秘はもちろん内臓の不調も関係していますが、食べてないのが一つの原因であります。

 

常識で考えても理屈に合いますが、胃袋の食べ物が降りながら腸を圧迫しないと、大便も外に出ません。

 

炭水化物を取らないのもいけないです。

昔のおじいちゃん、おばあちゃんたちは米を食べても太ってはないでしょう?

 

炭水化物が最大の原因ではない。太る原因はほかにあります!(これはまたの記事で説明)

 

f:id:li-hari:20181216172502j:plain

 

2018-11-23

頻尿がまだある。さっき行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなるそうです。

 

腰痛は良くなったり悪くなったり。

先週鍼をしたけど、肩甲骨の外側と下のほうが痛いのは変わらない。

 

痛みはピンポイントで痛いと言うので、今日は鍼をしないで刺絡しました。黒い血がけっこう出ました。

 

頭と目が回るのは前回鍼をしてから、あまり発作してないそうです。ただし、今日鍼を抜いた時にベッドを動かしたら、少し目が回ると言ってました。

 

今日はわりと寒かったので、鍼している途中で寒くてトイレに2回も行きました。鍼治療後に手足の中が暖かくなったと言っているけど、私が触ってみたらにまだ冷たい!

 

ここまで冷え症が強い人は、最近の患者さんの中ではおばさんがナンバー・ワン。

 

おばさんが言うのは、「昔から冷え症だった。夜は布団に入っても寒くて、2時間経っても足が冷たくて寝れなかった」

 

もともと関元など刺せば、もっと体温を上げられますますが、おばさんは関元を怖がっているので他のツボで代用しました。効果がなかったら、また考えます。

 

今日は関元に鍼ができなかったので、帰る時に艾を渡し自宅でお灸するように教えました。ここまで冷え症だと、鍼だけでは足りない。必ずお灸を数百個やらないとダメです。

 

f:id:li-hari:20181123131436j:plain

後谿(こうけい):腰痛にも良いし、肩甲骨周りの痛みにも良い。手も暖かくなるツボ。

 

f:id:li-hari:20181123131413j:plain

腎兪、大腸兪、脾兪、胃兪、京門に刺した鍼。

 

脾兪、胃兪に鍼したのは、逆流性食道炎の症状があるから。

おばさんが言うのは、食事の後に胃の上・食道あたりがつらい。

 

昔はなかった症状だけど、この前1週間の断食をしてから、逆流性食道炎の症状が生じたそうです。

 

よく聞いたら、断食の間に食べたのは酵素サプリと水のみ

1週間続けたら頭がフラフラするし、ぼっとして何も考えられないから止めた。もともとは2週間断食するつもりだった。少しずつご飯を食べ始めたら、思考能力と活動能力が戻ってきたそうです。

 

私は嘆くしかなかったです。

もう過ぎたことなので、今は頑張って脾胃を修復して、逆流性食道炎を治すのが目標。

 

断食は基本的にオススメしません。一日三食は必要な理由は、過去記事でも討論した事があります。

栄養士の先生が教えてくれたもの:1日3食は必要です(2018-03-06修正)

 

最近の2回くらいは、腰に鍼をしても腰が燃える!と言ってない。腎兪あたりを押してみたら、硬さもだいぶ減っているので反応が減ったかも知れない。ただし、回すと響きは強いそうです。
 

食欲を聞いてみたら、相変わらずないと言ってました。

時間になったから食べる感じ。お腹が空いて食べるのではない。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20181216/20181216171907.jpg

 

これは本当に困りました。

食欲はとても大事です。五臓六腑の修復にはエネルギーが必要、エネルギーは消化系の力で得られるから。

 

食欲がないのは脾胃の機能がとても弱い事を示します。

脾胃は後天のもと。

脾胃を早く治さないと、後々になって必ずもっと大きなトラブルが起きます。

 

ほかの患者さんからも聞きますが、小さい時から食欲がなかったそうです。そんな時、周りに漢方医・針灸医がいれば、今はもっと体が丈夫なはずです。

 

子供がいる親はよく見てください。子供の食欲がなかったら、必ず漢方医もしくは針灸医に治してもらってください。

 

早ければ早いほど良いです。

病気が芽の段階で解決すれば、後々の大きな病気にはならない。

 

~続く~