本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

首が曲がらないのを治した鍼治療例

こんにちは。 李哲です。

今日は私の簡単な鍼治療記録。

 

30代の女性、1ヶ月くらい首が回らないそうです。

動かしてみてもらったら、前後左右とも曲がらない。

 

前後に曲げられないのは、督脈と足太陽膀胱経が関わっている。

左右に曲がらないのは、小腸経と主に関わっている。

 

f:id:li-hari:20180416140551j:plain 

 

治療は後渓穴(督脈を司る、そして小腸経の兪穴でもある)と束骨。あとは、首肩近くの天柱.大チュウ(骨会)。

 

うつ伏せ15分で鍼を取り、もう一度回してもらいました。

前後の動きは大丈夫になり、左右にだけまだ曲がらない。

 

申脈穴を追加してまた15分置鍼。

申脈の鍼を取って回してもらったら、さっきより良いけど、まだ少し残りがある。

 

今度は座ってもらって、指で硬結がある所を直接押しました。

硬いシコリを押しつぶすような感じ。

 

3分くらい両肩の肩井あたりを押して終わり。

彼女は首肩を回してみたけど、ほとんど支障がなくなりました。

 

とりあえず、1回で痛みがなくなり、普通に仕事ができそうです。残りの硬結などは、徐々に改善するつもり。

 

鍼は首肩のコリに、とても有効です。

ただし、彼女みたいな硬結がひどくて、気の流れが止まった時は、直接硬結がある所を押しつぶす必要があります。

 

整体は止めてしばらく経っていますが、まだ使う時もあります。効果があれば、何でも使う主義ですから。

 

西洋医学の整形外科医院では、首肩が痛い人にレントゲンなど撮らせますが、まったく意味不明です。

 

レントゲン撮る事で、患者さんの痛みは治りますか?

 

たとえストレートネックだと分かったとします。結果が分かって、なんの役に立ちますか?先生はその曲がった骨を戻せるでしょうか?

 

こんな検査は、時間とお金の無駄使いです。