本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

胸水は穿刺しても再発するけど、漢方薬なら根治できる【胸水2.4mlから0.4mlまで減った症例】

こんにちは、李哲です。
中国・河北省の張静先生*1の漢方薬治療例を翻訳しました。穿刺しても再発する胸水は、漢方薬で完治できることを知ってもらえると嬉しいです。

 

中国語本文のリンク先は、

mp.weixin.qq.com

(2020-12-08発表)

 

胸が苦しい・力が出ない・右胸と脇腹が痛くなった患者、穿刺しても胸水が再発

 

68歳の女性患者。

以前は健康的で風邪すら引かなかったですが、ある日突然胸が苦しい・力が出ない・右胸と脇腹が痛くなりました。

 

ほかの症状は

  • 軽い咳がする
  • 喉と歯が痛い
  • 食欲は非常に落ちた
  • ずっと胸が腫れて苦しい
  • 便の量がとても少ない
  • 舌は赤黒、舌苔は黄膩

病院で検査したら胸腔積液(胸水)、入院して穿刺してもらいました。数日後に退院したけど、退院時の胸水は1.4ml。1週間後、彼女はまた胸が苦しい症状が再発し、病院に行ったら胸水が2.3mlまで増えました。

穿刺しても再発する胸水、漢方薬でほぼ完治

病院の先生が言うのは、「肺が広がらなくなりました。今後は更にひどくなるでしょう」そして、彼女はこちらに来院。

漢方薬を飲んでから胸が苦しいのは治り、便も毎日出るようになった

 

私は彼女に説明しました。

「胸水穿刺はしなくていいです。胸水がなくなれば、肺の機能も自然に良くなります」

 

当院に来たときの症状は

  • 深呼吸が辛い
  • 胸が苦しい
  • 便通は2日に1回出る
  • 水を飲みたくない
  • 脈診では沈滑数

処方は以下の通り。

红大戟、白前、黄芩、桂枝、人参、炙甘草、半夏、紫参。

 

飲み始めてから徐々に良くなりました。胸が苦しいのはなくなり、便も毎日出るようになりました。

 

▼李哲の補足説明:

胸水ではなくて、単なる胸が苦しい症状は鍼治療の効果も抜群です。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

胸水は2.3mlから0.4mlまで下がり、胸が苦しいなどの諸症状はすべて治った

 

私は彼女の体が大丈夫だと判断して、1つの生薬:芫花(げんか)を追加し、「飲んだあとに吐き気がして下痢するけど、怖がらないでください」と教えました。

 

案の定、飲んだあとに吐き気がして便からは粘液・粘膜みたいなものがたくさん出ました。

 

彼女は不思議がって質問しました。

「なんで便から粘液が出るんですか?」

 

「肺と大腸は表裏関係で、胸腔の異物は便から出ます」

 

その後、彼女は漢方薬があまりにもまずくて、飲むのを止めました。病院で検査したら、胸水は0.4mlまで減少。

 

私はもう一度漢方薬を飲むことをすすめたけど、彼女の答えは「自覚症状が一切ないし、とても楽なので、しばらく経ってからまた飲みます

 

▼李哲の補足説明:

肺と大腸の表裏関係は、ニハイシャ先生も肺がんの治療例で説明しました。以下の記事、どうぞご覧ください。

www.li-hari.net

効果アップを狙った生薬が、邪魔になってしまった

 

彼女が漢方薬を止めたのは、私のせいが大きいです。もし、3gの芫花を追加しなかったら、そこまで吐き気がしないはず。もとの処方箋は、長めに飲めば同じように治ります。

 

患者さんは0.4mlの胸水を気にしてないけど、私は徹底的になくしたかったですね。

 

(おわり)

李哲の感想と解釈

 

張静先生の処方箋を分析すると、「澤漆湯」から澤漆・生姜を削除+红大戟。

「澤漆湯」は『傷寒雑病論』にある処方箋で、組み合わせは澤漆、半夏、紫参、白前、甘草、人参、桂枝、黄芩、生姜です。

 

红大戟は小さな毒性があるけど、芫花と比べ物にはなりませんね。最初の処方箋は飲んでも吐いたり下痢したりなかったけど、2回目の処方箋はすごいことになりましたから。

 

毒性が強い生薬:芫花(げんか)の画像

毒性が強い生薬:芫花(げんか)の画像

芫花は毒性が強いので、飲んだあと嘔吐・下痢になる。抗がん剤も毒薬だから、飲んだあとに吐き気・嘔吐するわけです。ただし、芫花は自然な毒なので、体に長く滞在しません。しかも、漢方薬は処方するとき、解毒作用がある甘草なども入れて、さらに体を守ります。

 

邪気を追出すけど、免疫力は損なわない。

これが漢方薬の匠の技。

免疫力と癌細胞を同時にやっつける抗がん剤とは、比べ物になりません。ちなみに、芫花の使用例は以下の記事もあります。参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

胸水が穿刺しても再発するのは、当たり前のことです。胸水の源を突き止めてないから。漢方薬は胸水を抜く以外に、五臓六腑の強化も同時に行うので、胸水が二度と再発しなくなります。

 

胸水はまだ軽いバージョンですが、万が一肺に水がたまる肺水腫になったら、危篤な状況になります。西洋医学の治療で水を抜いても、患者さんは余命2週間しかありません。

 

中医学は西洋医学と違って、まだ治すチャンスがあります。以下はニハイシャ先生の症例、参考になると幸いです。 

 

www.li-hari.net

 

色々書きましたが、要するに胸水であろうと肺水腫であろうと、西洋医学の治療では治せません。唯一治せるのは、中医学を探すこと。

 

「澤漆湯」の日本語症例を探そうとしたら、あまりなかくて一つの論文しか見つけてないです。参考にしてください。

jglobal.jst.go.jp

*1:張静先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。