本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

まぶたの痙攣(まぶたがピクピク動く)を鍼2回で治した

こんにちは。李哲です。

今日は簡単な鍼治療の記録です。

 

患者さんは私自身。

なぜか、右上まぶたの痙攣(けいれん)が止まらない。

 

自然に消えるだろうと思ったけど、止まる気配がない。

痛みではないから、そこまで不具合ではないですが、やはりまぶたがピクピク動くのは気持ち悪いですね。

 

まぶたの上は胆経が通るから、胆経のツボで施術してみました。

 

以下はその記録。

2018-05-30

刺したのは左の陽陵泉。足臨泣。

昼に刺して、午後は大丈夫でした。

 

しかし翌日の午後、またピクピク動き出しました。

幸いに昨日よりは、ピクピク動くのがマシ。

 

また同じツボを刺しました。

左の陽陵泉と足臨泣。

 

左の陽陵泉はめちゃくちゃ響いて、ふくらはぎの外側が全部ジンジンしている感じでした。

 

面白いのは、陽陵泉の鍼を回したら、すぐピクピク動くのが止まり、鍼を置いている間はずっと大丈夫。

 

15分後に鍼を抜いて、ピクピク動くのはほぼ止まりました。

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180601/20180601231445.png

 

2018-6-1

念のために、もう一度陽陵泉と足臨泣さ刺し。

その後は、まぶたの事で心配することはなくなりました。

 

まぶたのピクピク動く原因は、簡単にいうと「肝臓の血が足りない」からです。

原因を含めて、なぜ陽陵泉を選んだかは、以下の記事に説明しています。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

西洋医学では眼瞼けいれんよ、顔面麻痺よ、顔面ミオキミアよ…いろいろ病名がありますね。しかし、実質的な有効な治療はない。

 

鍼では簡単に治療ができるので、困っている方は近くの鍼灸院へどうぞ。

 

ちなみに、私の肝臓の血が足りないのは、原因が分かります。

パソコン作業で目が疲れ、目の使いすぎで肝臓の血が足りなくなった!

 

今後はちゃんと休憩しながら、ブログを書くつもりです。