本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

熱中症の3つの原因となりやすい人、熱中症の予防・治療方法もまとめました【中医学】

【※本記事は2019-06-26更新しました】

 

こんにちは。李哲です。 

最近、とても暑くなっていますね。

 

今日は熱中症の3つの原因となりやすい人・予防・治療方法を中医学の理論で説明しました。役に立つ情報になると嬉しいです。

 

 

熱中症になる3つの原因となりやすい人

 

熱中症は簡単にいうと、体内温度の上がりすぎが原因です。

子供が高熱で、意識不明になるのと同じ。

 

体内の温度が上がり過ぎたのは、また2つの原因があります。

  1. 普段から汗をかかない
  2. 普段から汗が出すぎ

 

犬は体温調節する時、ベロ・口から放散しますが、人間は体温を調整する時、全身の「汗」で熱を出します。

 

汗がちゃんと出ないと、体温が上がりすぎる。

 

汗が出すぎた場合も、体内温度が相対的に高くなるので、熱中症の頭痛・意識不明状態になります。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180319/20180319230211.jpg

 

以下、汗をかかない2種類の人と、汗が出すぎの人を説明します。

 

①内臓の病気で、汗をかかない人

たとえば、心不全、腎不全の患者さんは汗が出ません。

腎不全のときは、すでに心臓も弱くなっているので、正しく言えば腎不全+心不全です。

 

中医学の『黄帝内経』では、「心主汗」と言います。

つまり、汗をかくのは、心臓がコントロールしている。

 

心臓が強ければ、暑い時期に自然に汗をかく。

心臓が弱い人は、運動しても汗をかきません。

 

漢方薬・鍼灸治療で汗をかくようになったら、とても良いことです。

だから、私はよく患者さんに汗をかくかを聞いています。

 

以下は体質改善とともに、汗をかくようになった女性の治療例です。

 

www.li-hari.net

 

なぜ心不全と腎不全になったのか。

飲んでいる西洋薬の副作用一覧をよく見てください。

西洋薬の「素晴らしい普及」がなかったら、心不全と腎不全もここまで増えないはず。 

 

心臓病に関する中医学の詳しい情報は、ニハイシャ先生の論文をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

②普段から汗をかく習慣がない人

たとえば、

  • 運動が嫌いで、汗をかかない
  • 冷房の部屋にいるのが好きで、汗をかかない
  • 冷凍庫での作業が多くて、汗をかくときが少ない

 

ずっと冷房の中にいると、外部の寒気から体を守るために、皮膚の穴は自然に閉じます。1~2ヶ月は良いですが、長年汗をかかない生活を送ったら、汗腺は徐々に萎縮して皮膚の穴が死んでしまいます。

 

年取ってから運動しても、顔が真っ赤になるだけで、汗をかかない。

こういう人は、一番熱中症になりやすいです。

 

以下は顔だけ汗が出なくて、顔がタコみたいに赤くなるのを治した例

 

www.li-hari.net

 

汗をかく事で、みなさんは「お風呂で汗をかけば良いでしょう?」と思うかも知れません。

 

実は、お風呂の汗と運動してかく汗は、質が全く違います。 

以下の記事で詳しく解釈しているので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

運動して汗をかく時、一つ注意点があります。

スポーツジムは、冷房がガンガン効いているそうです。

こんなところだと、運動しても汗が出きらないで体内に残るから、逆に体に悪い!

 
運動したいなら、冷房がない外が良いです。

③炎天下、蒸し暑い環境で汗をかきすぎる人

汗をかきすぎて脱水状態になった場合も意識不明になります。これは汗をかかないのと真逆。

 

もともと、汗は体内の水分として、温度の上がりすぎを制御しています。 

体液を失いすぎた場合、西洋医学では電解質異常が起きると言います。

中医学では陰液が不足して、陽気が逆流して脳まで上がる。

 

陽気が逆流して脳にくると、頭痛・頭がクラクラする・ひどい時は失神します。

 

熱中症で意識不明

 

汗をかきすぎるのは、炎天下で体力仕事をする人たちです。

昔は人力車、農家の方々。

 

今は炎天下で大量に汗をかくのは、スポーツ選手・現場の作業員くらいでしょうか。一般人は大汗をかかないです。

熱中症で最も多いのは、汗をかかないタイプ

 

脱水状態になるのは、あくまでも少数の例です。

最も多く見られるのは、汗が出なくて熱がこもってバタンキュー。

 

学校の朝礼、わずかの時間で倒れる子供は、このタイプが多いです。

その原因は、小さい時から抗生物質を飲まされ、ワクチンを打ちまくり、心臓が強い子供はとても少ないからです。

 

その上に、運動が嫌いで外で汗をかくのが嫌いから、更に熱中症になりやすいのです。

 

熱中症の子供

 

抗生物質、鎮痛剤などの西洋薬が、いかにも体の免疫力を傷つけるか。

あなたはその正体を知るべきです。

 

以下は生化学者の論文、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

スポーツドリンクは水分補給にならない!「腎臓の陰液」を壊すので、喉が更に乾く!

 

水分補給したいなら、水と塩のほうが圧倒的に良いです!

 

常識で考えてください。

脱水状態で入院されたら、生理食塩水でなくてポカリスエットを点滴してましたか?緊急時に点滴するのは、生理食塩水です。

 

なぜポカリスエット、清涼飲料水が良くないかを、簡単な理屈で説明します。

 

水を飲んだ後は、口の中がベタベタし、喉が乾いてもっと飲みたくなりません。

 

ミネラルウォーター

 

ポカリスエット・清涼飲料水は逆です。

飲めば飲むほど、喉が渇く。

”美味しい”(中毒性がある)からもっと飲みたくなる。

1リットルでも軽く飲めます。

 

飲んだあとに喉が渇くのは、腎臓の陰液が壊れて、体は水分が足りないと判断し、外側から水分を求めるのです。中医学の理論で、喉は腎臓の陰液(腎臓の良い栄養)で潤っている。

 

食べた後に喉が渇く物は、すべて腎臓に悪いので、止めてください。

 

この基準を覚えていれば、あなたは気づくはず。

安心して外食できるところは、とても少ないです。

 

www.li-hari.net

 

いろんな清涼飲料水の成分は、ラベルに表示されています。

その成分の危険度は、自分で調べてください。

 

ちなみに、清涼飲料水・スポーツドリンクは当院の禁止物であります。

 

www.li-hari.net

 

ニハイシャ先生は話したことがあります。

コーラなどの清涼飲料水を長年飲み続けると、脳が萎縮して早い段階で痴呆症になる。

 

記憶力低下、認知症は腎臓が壊れてなる起きる症状。

昔はなかったけど、現代医療の薬が普及されてから現れた病気です。

 

清涼飲料水に関して、ニハイシャ先生のニュース評論があります。読んだことがない方は、目を通してください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

  

中医学の熱中症の予防方法

上には熱中症の原因を述べました。

原因が別れば、予防対策も簡単です。

 

①普段から運動して、汗をかく習慣をつける

 

冷房は涼しくて良いですが、なるべく外で汗をかく習慣をつけましょう。

 

皮膚の穴から放熱できるように、普段から運動したほうが良いです。

夏はもともと汗をかく時期なので、運動して汗をかいた方が、皮膚もツヤツヤできれいになります。

 

汗をかくことで、皮膚が良くなる

②正しい水分補給を行う

 

汗をかくけど、まだ体内がすごく熱い場合は、スイカなどの果物を食べれば、体内の温度が下げられます。

 

スイカが夏に収穫できるのも、夏バテのために生まれたもの。

季節ごとに収穫できる野菜・果物は、みんな体に良いです。

 

熱中症予防にいい漢方薬、自分で作れる飲み物もあります。

これは以前の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

漢方薬の値段は、ペットボトル1本分より少し高い(人参が入っているから、値段が少々高いのは仕方がないです。)

 

暑い夏の出かける前に1~2袋飲んでおくと、砂漠のラクダみたいに長い距離が歩けます。

 

熱中症の治療

 

万が一熱中症になったら、西洋医学のオデコ・脇に氷を置いて、物理的に熱を下げるのも良いです。

 

漢方薬の治療は、以下の記事が参考になります。

 

www.li-hari.net

 

まとめ

熱中症は原因がわかれば、予防できるものです。

暑いからと言って、冷房の部屋にこもらないで、外を歩きましょう。夏の野菜・果物も存分に楽しんでください。

 

  • 運動して、皮膚から熱を発散
  • 体内は夏の果物(スイカなど)・水と塩で水分補給して熱を下げる

 

これで熱中症が防げます。