本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

妊娠中、足のむくみは鍼治療で簡単に取れる

【※本記事は2019-07-13更新しました】

 

鍼のおかげで、妊娠中なのに足のむくみがない女性

 

こんにちは。李哲です。

今日はある妊婦さんの感想。

 

彼女は今妊娠6ヶ月目

彼女が言うのは、「妊娠後期に入ると、皆さんはよく足がむくむそうです。でも、私はありません。ヨガとか運動するせいもあると思うけど、鍼の効果もあると思います。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20181020/20181020144352.jpg

 

彼女に針をするのは、腎兪と大腸兪がメイン。

以前はうつ伏せで刺したけど、今は横向きにしています。

 

多少は刺しづらいですが、鍼してから患者さんは20分も動けないので、楽な姿勢をとるのが大事です。

妊娠中のむくみは腎虚証が多いな原因

 

妊娠中、下半身のむくみの原因は、腎機能低下が多いです。

 

腎兪と大腸兪は腰の強化にもなるし、腎機能が強くなるので、もちろんむくみにも効果的です。万が一これで足りなかったら、足の脾臓のツボ:三陰交、陰陵泉などを刺せば、むくみが尿として出るので自然に消えます。

 

むくみがひどくなると、体内の水が多くて腎臓に圧力をかけるから、血圧も高くなります。つまり、妊娠高血圧症候群になる。

 

私が尊敬するニハイシャ先生の治療例には、ちょうど妊娠高血圧症候群の女性がいました。妊娠すると妊娠高血圧症候群で流産するしかない、でも患者さんは妊娠したい!

 

西洋医学は両手を上げているから、治せるのは中医学のみです。

 

www.li-hari.net

 

妊娠高血圧症候群のために、西洋薬では利尿剤を出すかも知れません。

しかし、利尿剤でむくみを解決すると、腎機能を損ないます。

 

具体的に言うと、腎臓の陰(腎陰)を損なう。

症状としては、髪のつやが減ってパサパサになる、耳鳴り、記憶力減退など。

 

鍼は薬物ではないので、このような副作用はありません。

以下は一つの鍼治療例、どうぞ参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

足のむくみにはマッサージも良いけど、鍼治療はなお効果がある

 

大昔、銀座で足つぼ整体の仕事をした時、妊娠してから9ヶ月になってもマッサージにくる女性がいました。マッサージすると、腰と足がスッキリだそうです。

 

足つぼの時は痛くて死にそうでしたけど(笑)

お腹が大きくなると、うつ伏せでマッサージができないのが問題ですね。仰向けでも辛い時があるみたいです。

 

マッサージに比べると、鍼はどんな姿勢でもできるので便利。そして、妊娠中のむくみ、腰痛、つわりなどの不調は、全部針で解決できます。

 

以下は一つの鍼治療例、妊娠中の便秘ぎみ、つわりなど様々な不調を解決しました。鍼灸はトータルケアなので、治るときはみんな一緒に良くなります。

 

www.li-hari.net