本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

妊婦の心臓痛を、鍼2回で治した例

こんにちは。李哲です。

今日は簡単な施術記録。

 

一人の妊婦。30代。

妊娠中のいろんな体調不良で、鍼を受けている方です。

 

ある日、彼女が言うのは、「最近心臓が痛いです。左の心臓のあたり」

 

胃腸の調子を整えるツボを刺すついでに、内関一つだけ追加ました。

ズンーとする響きがあって、そのまま20分置く。

 

2回刺してから、彼女の心臓が痛い症状は消えました。

 

内関は心筋梗塞、心臓の痛みを治すだけではなくて、胃腸炎・車酔いなどの気持ち悪い・吐き気も治せます。

 

以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

1ヶ月経ってから、また似ているような心臓の痛みが再発。

今度も内関に鍼をして、翌日には痛みが3分の1くらいになりました。

 

彼女が言うのは、「もしかして食べ過ぎが原因かも」

 

胃が辛くなると、圧迫で心臓に影響があります。

彼女のは、おそらくこれが原因で心臓の痛みが生じたでしょう。

 

本当の心臓病ではなくて、ニセモノです。

ニハイシャ先生のDVDを勉強する時、胃腸の病気で心臓が痛くなるのを見ましたが、今回は初めての経験。

 

あと、彼女のは睡眠不足で心臓の過労が原因でもある。よく寝て食べ過ぎなければ、再発はしないと思います。

 

本当の心臓の痛みは、鍼治療でその場で緩和できるので、怖がる必要がありません。

 

以下は乳がん患者の治療例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 


 

ツボは同時にいろんな臓器を治すので便利。

内関は胃からくる痛みであろうと、本当の心臓の痛み・心筋梗塞であろうと関係なしで、両方とも治せます。

 

以前鍼灸の不思議な所をまとめた記事があるので、よかったら参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

彼女は何年も西洋薬を飲んでない。運動もしています。

少し体調不良になったら、いつも鍼と(たまに)漢方薬を飲むだけなので、鍼の効果が高かったです。

 

食べ物に気をつけて、ちゃんと寝て適当な運動をする。あと西洋薬さえ飲まなければ、鍼治療は1~2回で効果が分かります。

  

残念なのは、皆さんは食べ物に気をつけない。いろんな西洋薬も飲んできて、内臓に毒素がつまっているので経絡の伝導が鈍いです。だから鍼をしても一発逆転の効果は出ない。

 

西洋薬がなかった昔の人は、ある意味でラッキーでしたね。