本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

尿の色が透明なのは、下焦の冷えが原因:鍼治療で尿が薄い黄色に変わった女性。

こんにちは、李哲です。

尿が正常であるかどうかは、セルフチェックができます。たとえば尿の色、健康な人であれば、尿の色は必ず薄い黄色です。

 

病院ばかり妄信し、常識を忘れている人が多いので、本記事を書きました。みんな自分の体調が分かるように、一つの常識として普及されると幸いです。

 

尿の色が透明から薄い黄色になった女性

 

2020年6月、一人の女性患者から偶然に聞いた報告。

「鍼治療を続けることで、透明だった尿の色が薄い黄色になりました。」

 

治療のツボは、主に腎兪、関元、中極、三陰交。場合に1つもしくは2つを選んで刺しています。

 

鍼治療で透明色の尿が薄い黄色になった

 

彼女の話を聞いたら、笑っちゃう内容もありました。

「出産時も尿の色が透明(白)で、それが普通だと思いました。しかし、こちらに来て言われたのは異常!鍼を受けることで、徐々に薄い黄色になったのです。」

 

以前、私のおばさんも「鍼治療を受けたあと、尿の色が透明から薄い黄色になって、3日後にはまた透明に戻る」と言ってました。当時の治療記事は、以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net

尿の色が透明なのは異常、下焦の冷えが原因である

 

尿の色が透明なのが正常だと認識。

これは患者のせいではないです。

尿検査をする病院側が異常だと説明しないから、たくさんの患者さんは間違った常識を持つようになっています。

 

以下の記事に書いた女性も、「生理痛があるのは当たり前」だと認識したそうですが、世の中には間違った常識が溢れています。

 

www.li-hari.net

 

尿の色がすごい黄色だったら、病院は炎症反応だと診断するかも知れません。しかし、透明の場合は特に言わない。なぜなら、西洋医学には「寒熱」の概念がないからです。

 

中医学の理論で言うと、尿の色が透明の場合、下焦(子宮・膀胱・前立腺・卵巣など)の冷えを示します。冷えると臓器の活動能力が低くて、老廃物の処理が遅れるので、老廃物(毒素)がたまる。

 

そして、将来的に大きな老廃物:癌が出来上がる可能性が高まるので、尿の色が透明の時に、さっさと治さないといけません。

 

これがいわゆる「未病を治す」意味です。

 

www.li-hari.net

健康な尿の色が「薄い黄色」である原因

 

なぜ尿の色は薄い黄色が正常だと言うのか?

 

中医学の理論で説明します。

膀胱は宙に浮いている袋で、主に腎臓から代謝されて水分を貯める。腎臓の陽気は下からガス火みたいに、上の袋(膀胱)を加熱します。そうすると、有害物質は沈殿物となり尿から出て、有用な水は蒸発されて再吸収されます。(体がいかにエコなのか、お分かりでしょうか。) 

  • 腎臓の陽気が充分で、加熱するパワーが足りる時、尿は加熱されて少し黄色くなります。これは正常な尿の色。
  • 加熱するパワーが足りない時、透明な水のまま。中医学では「下焦の冷え」と称します。
  • 炎症反応で加熱が強すぎた場合、尿の色は濃い黄色になる。中医学では「下焦の熱」だと称します。

中医学はこのように、患者さんから尿の色を聞くだけで体内の判断ができます。患者さんもこれを基準にして、自分の体内がどうなっているのか判断できる。

 

病院に行くのはムダ。

西洋医学には、臓器が冷えたとか熱すぎの理論がないからです。もっとひどいのは、検査自体が病気を作り出すこと。 

 

たとえば、前立腺に問題が出ると、尿の色が透明になり頻尿になります。しかし、前立腺のPSA検査で運が悪い人はED・尿失禁にもなるのです。これは鄭先生の翻訳文で説明しました。 

 

www.li-hari.net

あなたの自覚症状は、病院の検査機械よりも正確無比

 

人々は体調不良になると、病院に行って検査したがるけど完全無用。体がすでに教えてくれているのに、なぜ自分の体を信じないで、外部の機械に頼るでしょう?

 

あなたの体は絶対に嘘を言いません。

体に問題が起きたときは、必ず辛い症状としてお知らせします。こんな正確無比の情報を無視して、頭脳がない機械に頼るなんて、危険ではないでしょうか?

 

世の中の健康に対する常識が変わると、ムダな検査が減り、検査で後遺障害になる人も減ります。もっとも大事なのは、本当にあなたを助ける先生が見つかること。皆さんの幸運を祈ります。