本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】 乳がん:健康を失ってから惜しみが分かる。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

乳癌:总是失去的东西才开始珍惜_郑智城_新浪博客

(発表日付:2011-11-21 11:07:26)

翻訳文

今日来た一人の女性、乳がんです。36歳。まだ子供を産んでない。

5ヶ月前に妊娠したけど流産。胎児の発育不全で。

 

流産してから生理が狂い始め、1ヶ月に2回来たり。生理の周期が狂う前も、生理が来る時は乳房がすごく痛くなったり、左下腹部がすごく痛くなったりしました。

 

10月の時、生理不順でイライラし、寝てる時に無意識に左胸を触ったらシコリが見つかって、ビックリして検査したら生検で乳がんだと言われました。

 

この女性が言う時、顔には悔しみと悩みがいっぱい書いてありました。

 

彼女が言うのは、自分はいつも健康だと思った。なんで一晩で癌細胞ができただろう?」

 

彼女は何回も言いましたが、自分は小さい時から健康だった。

 

昔、私も自分はいつも健康だと思いました。

 

誰でも若い時があります。

若い時は誰でも自分は健康だと思います。しかし、健康を失ってからはとても後悔する。

 

気づいたのは、35~36歳の時でした。

 

その前は、いつも美味しい食べ物ばかり考えて、毎日アイスクリームと冷たいものを取りました。どんなに遅くても夜中にはご飯を食べました。

 

日にちが経ったある日、夏の夜。アイスクリームを食べてから、お腹がはって痛くて一晩中寝れなかったです。

 

その時から、私は健康はずっとあるものではない、当たり前の事ではないと気づきました。

 

この女性の病気になった原因の分析は、難しくありません。

 

一つ目は、昔からある隠れた症状(彼女本人が気づいてないだけ)。

 

彼女の生理はいつも遅れて、生理中は胸がはって痛くて、お腹も痛い。

これは気血が足りないのと、血の巡りが阻害されている事です。(胸と下腹部に)

 

気血が足りないと、子宮内部の環境と卵子の質はもちろん下がる。

 

運がよく妊娠しても、胎児の発育不全になります。

 

流産後はさらに気血が足りなくなる。

瘀血はもともと詰まり気味の所でさらに詰まり。そして、女性ホルモン剤の影響ですぐ乳癌になったのです。

 

この女性は、当初半年も頑張って妊娠できなかった時、西洋医学の検査を受けたら、西洋医学の先生が言うのは:「卵管は詰まりがない。血液検査も正常です。」

 

西洋医学の先生は自信満々で、「妊娠を待ちましょう」と言いました。

 

半年後に妊娠はしたけど、胎児の発育不全で流産。

 

西洋医学が分かるのは、目に見えるものだけ。

目に見えない気血は、存在しないものだと思う。

 

だから、彼女がなぜ流産したのかも分からない。もちろん、彼女がなぜ癌になったかも知りません。

 

中医学では病気になった原因が分かるので、解決方法も出てきます。

 

心臓と腎臓を強化して、血の巡りをよくする。

 

これは簡単です。

何千年の歴史がある中医学、診たことがない症状ってありますか?

 

この女性は西洋医学を信じていました。

西洋医学の手術を受けてから、徐々に漢方薬で体質改善しようと考えていたのです。

 

彼女の願いは良い事です。

しかし、手術のあとは経絡が切られ、詰まりが生じる。

 

その時にまた普通の考え方で処方したら、おそらく困難度が倍増します。

 

毎回、私が病気を治そうとする時、西洋医学は患者さんを火の海に落とそうとしている。

 

こんな状況で、怒らないワケがない。

 

この女性が言うのは、食事療法ならまだ受け入れられる。

 

f:id:li-hari:20180620185916j:plain


私はいつも正規な処方箋で解決してきたので、食事療法はあまり使ってなかったです。

 

彼女の要望で、私は食事療法でも可能性があると思いました。

 

医学道理が分かれば、生薬の性質が分かれば、普段の食品でも組み合わせで一つの処方箋になるかも。ただし、これは工夫しだい。

 

中医学は複雑な物を、簡単にまとめる医術です。

 

西洋医学は簡単な事を複雑にして、台無しにする医術。

李哲の感想:

誰でも若い時があります。

 

その時は元気いっぱいで、2日寝なくても大丈夫。朝までお酒飲んでも、翌日は機敏に動けた。

 

しかし、10年後には無理が効かなくなります。

体力は落ちる一方で、体のトラブルが溢れてくる。

 

病気は急にできるものでしょうか?

 

いいえ、違います。 

重い病気は5年、10年…

長い間の積み重ねで、量的変化が質的変化を引き起こします。

 

だから、些細な体調不良がある時、すぐ治してもらってください。芽が出たときに片付ければ、後々の大変な病気にはなりません。

 

癌はどのようになっているのか、鄭先生の一つの記事があるので参考になれば幸いです。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

上記の女性。

生検をして乳がんだと診断していますが、この生検はやらないでください。

 

ニハイシャ先生は言いましたが、

生検を繰り返すと確実に乳がんになる!

 

そして、治療が難しくなり、治せないときすらあります。

 

乳がんの予防に関しては、ニハイシャ先生の論文をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

西洋医学では定期検診を推奨して、マンモグラフィ・生検などをすすめているけど、これはクソ役にも立たないもの。

 

生検して乳がんだと分かって、だからなんですか?

 

生検で乳がんは治って、体調は良くなりました?

 

乳がんは生検しなくても分かるのに、なぜ乳腺組織を傷つける生検が必要でしょうか?

 

テレビでさんざん乳がん治療で死んだ芸能人・有名人を見ながら、それでも勇敢にあとを踏みますか?

 

生検したあとは、生検の太い鍼を入れた傷口が痛くなります。

 

一般的に痛みには鍼がとても有効だけど、生検の痛みは鍼で治せないかも知れません。人為的に作られた傷口だから。

 

生検した傷口の痛みが生じたら、あなたに生検を勧めた先生に、治してもらってください。

 

私は今まで、何人かの乳がん患者さんを治療しました。治療内容はほとんどがん緩和ケアで、完治が目的ではない。

 

つまり、痛みなどのつらい自覚症状を最小限まで減らし、なるべく寿命を延ばすこと。

 

確かに良くなった例はあるけど、がん治療は個人差が激しいので、完治の保証はできないことをご了承ください。