本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

扁桃腺、喉が痛いのが5分で緩和

こんにちは。李哲です。

今日は3番目のおばさんに針をした記録。

 

2018-10-16

主訴はいつもとおりなので、ツボもさほど変えてない。

 

うつ伏せでは大ちゅう(骨会)、後谿穴、束骨、腎兪、志室、京門、大腸兪、腰陽関。

 

本当は命門に刺したかったけど、椎間板が潰れて隙間がなくなったので下の腰陽関に刺しました。腰陽関も腰痛には、とても良いツボです。

 

背中の鍼をする時、鍼に刺されたようなかぶれ物があったから、おばさんに聞きました。

 

「これは何の傷あと?」

「昨日、品川の大きな病院に行って検査がてら鎮痛剤を注射したよ。そして今日また病院に行ったら、先生に痛みが減ったかと聞かれて、全然変わらないと答えた」

 

私はおばさんに話しました。

「このようなブロック注射は、利より害のほうが多いです。鍼で腰痛はなくなるので、注射はやらないでください」

 

腰痛はほとんど腎虚証で、腎臓の気が足りないのが原因です。注射すれば腎臓の気が増えるでしょうか?鎮痛剤を体内に入れると逆に悪くなるだけです。

 

以前足つぼ・整体をやっていた時、何人かブロック注射したのを見たことありました。以下は一人の例。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

おばさんはMRIも撮ったけど、原因が分からない。病名が確定できないだそうです。

 

それもそうでしょう。

西洋医学の機械では、形ができたものしか写りません。たとえば腫瘍、筋腫。

 

形が出来上がる前の、中医学でいう気、瘀血、痰などは、CT・MRIでは分からないのです。

 

たとえ病名が分かったとしても、西洋医学では治す方法がありません。

神経を麻痺して肝臓がんを引き起こす鎮痛剤、体にダメージが強い手術以外に何があるでしょうか?

 

この前、一人の患者さんからとても悲しい話を聞きました。

親族がひどい腰痛で歩くのが大変、そして手術を受けたら神経が切られて、今は車椅子の生活になっている。

 

手術しなければ、まだ歩けました。

しかし、手術後には車椅子の生活。永遠に歩けなくなっています。

 

これも治療の必要悪ですか?

鍼はどんな腰痛も治せるのに、なぜ鍼治療を薦めないでしょうか?

 

話が長くなりました。

雑談は置いといて、おばさんの施術記録を続きます。

 

仰向けで刺した鍼は、天枢、中脘、下脘、支溝、照海、太谿、復溜、合谷透後谿穴。

 

以下は仰向けでの針の画像です。

f:id:li-hari:20181016152651j:plain

照海、太谿、復溜に刺した鍼。

 

仰向けで針を刺し終わったごろ、おばさんが言うのは

「この数日、風邪を引いたのか扁桃腺が痛い。風邪を引くといつも喉に来るんだよね。扁桃腺が腫れたり…」

 

「早めに言って~~よ。でも良かった。手のツボを、一つだけ追加すればいいから」

 

おばさんは緊張して、「え?手のどこに刺すの?」

私が肘のところを指したら、おばさんはOKだそうです。手のひらだったら断固反対したでしょう(笑)

 

扁桃腺炎と喉が痛いのには、尺沢を追加すれば良い。

以前だったら照海、列缺など刺したけど、新しい使い方を勉強したので、尺沢一つのみにしました。

 

f:id:li-hari:20181016152659j:plain

尺沢、支溝、合谷透後谿。

 

針を刺した5分後に聞いてみました。

「扁桃腺はまだ痛いですか?」

「仰向けが原因なのか、よくわからない」

 

わからない事はないでしょう。

扁桃腺が腫れたときは、唾液を飲み込むだけでも痛いから。

 

鍼を全部取ったあと、もう一度扁桃腺の状況を聞いてみました。

 

おばさんは信じられない顔で、「鍼ってこんなに早く効く?さっきより痛くないな…」

 

私「鍼は効果が出る時は、とても早いです。何十年の腰痛は回数がかかるけど」

 

自宅に帰ったあと、おばさんはラインを送ってくれました。

「去年と比べて、腰痛は3割良くなった感じ。今は走れるし歩ける、ありがとう。頑張って鍼に行くね~扁桃腺はもう痛くない」

 

百聞は一見にしかず。

風邪で扁桃腺、喉が腫れて痛い時、尺沢穴を刺してみてください。ビックリ仰天するくらい効果が出ます。