本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

流産の原因となる胎児発育不全、子宮外妊娠は漢方で治せるのに、8回も流産?!

【※本記事は2019/07/25更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

八次胎停?这个世界都疯了_郑智城

(2012-07-20 04:31発表)

 

8回の流産、中医学の治療を紹介しないのは、わざと?

 

今日偶然に見たニュース。

胎停妈妈:这一场没有硝烟的战斗_婚姻与家庭杂志

 

ある女性は8回も流産して、まだ妊娠してないそうです。

 

おうまいゴッド!

本当に狂った世界。

 

最初言いたいのは、この妊娠したい女性は気が狂っています。

俗語でも言いますが、1回騙されたら騙した人のせいにしていい。2回も騙されたら、あなた自身が悪い。

 

しかし、この女性はなんと8回も騙される?

誰のせいにしたらいいですか?

 

まあ、社会のせいにしましょう。

そうすると、みんな責任を負わないから。

 

2つ目は、西洋医学も気が狂っています。

中国は何もない野蛮な国ではない。

中医学の発祥地です。

中国の西洋医学の先生も、中医学を少し習っています。

 

何回も流産する患者さんに、西洋医学の先生は中医学に紹介もしない。

これは故意ですか?

西洋医学が愚かだから?

もしくは金もうけで気が狂った?

 

www.li-hari.net

 


 

この状況が逆だとします。

中医学治療で8回も流産したら、女性はきっとネットにボロクソ書き込んで、中医学がどれだけデタラメで詐欺師であるかを訴える。

 

まあ、8回も要らないでしょう。

1~2回で効果がなかったら、すぐ中医学は効かないと断定する。そして、西洋医学に飛びつく。

 

大昔の中国、流産・胎児発育不全の治療法がなかったら、なぜ世界一人口の国になった?

 

たくさんの頭良い人は、こう思うかも知れません。

大昔の中国人は流産、胎児発育不全なんか知ってない。

癌の知識もない。

 

しかし、頭良い彼れは思ったことがありますか?

もし中国人が流産、胎児発育不全、癌を知らなかったら、なぜ中国の人口が世界一でしょうか?

 

なぜ唐・宋時代に世界一強くて金持ちの国になったでしょうか?

 

www.li-hari.net

 


 

少し前に、ある読者が私に質問しました。

読者「両側の卵管につまりがあるけど、中医学は治せますか?」

私「これは中医学にとって容易なもの。十中八九、治ります。」

 

その読者は、私がホラを吹くと思ったでしょう。

 

読者「実質的なつまりですよ。それでも中医学は治せるのですか?」 

私「中国人はこの5千年で、卵管のつまりがなかったでしょうか?卵管のつまりはこの100年、ダーウィンの進化論で生まれた新しい組織ですか?中医学を信じないなら結構です。時間のムダ!」

 

信じない人は治せない。

ニハイシャ先生もハッキリ言ってました。

 

www.li-hari.net

子宮頸を金具で止めても、流産してしまった女性

 

以前、中医学を勉強した時、一人の先生は例を挙げてました。

先生は国内の西洋医学病院で働いた時、ある同僚が8回も流産したのです。

 

病院も多分メンツがないと思ったでしょう。

自分の従業員も治せないなんて!

 

最後、悪どくな方法を見つけて、金属の糸で同僚の子宮頸をしっかり締めたけど、最後はまた流産。

 

まあ、西洋医学はどうせこんなレベル。

 

鄭先生は、以下の記事でも、西洋医学は小学生なみのレベルだと言ってました。

 

www.li-hari.net

 

子宮外妊娠は当帰芍薬散で治せる

 

私の昔の彼女、お互い結婚したあとでも連絡がありました。

彼女が初めての妊娠したのが、子宮外妊娠だったのです。結果的には手術して胎児を取りました。

 

本当にかわいそうです。

子宮外妊娠は「傷寒雑病論」ではっきり書いてあります。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)で治す。

 

f:id:li-hari:20180511130205j:plain

当帰(とうき):血を補う大事な生薬。便を柔らかくして、便通を良くなる作用がある。

 

胎児発育不全は、八味地黄丸もしくは膠艾四物湯で治せる

 

残念なことは、今の主流メディアは『傷寒雑病論』を見ない。

せっかくの妊娠が、このまま終わってしまったのです。

 

まあ、1回目は運が悪かったから、仕方ないとします。

 

もう一度やり直そう!

2回めの妊娠して、今度は羊水が足りないのが見つかりました。

 

どんなに自宅で安静して、動かないようにしてもダメ。

7~8ヶ月の時、胎児発育不全で流産しました。

 

羊水が足りないのは、「傷寒雑病論」でどう解決したか分かりません。

ただし、水は腎臓と関係しているから、おそらく八味地黄丸もしくは膠艾四物湯でしょう。

 

八味地黄丸は以下の記事でも出ています。

参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net
私はたまに思います。

西洋医学は、わざとして世界の人口をコントロールしようとしているのかな?

 

なんで毎回こんなふうに、「手術は成功したけど、患者さんは死んだ」?洗脳された患者さんは相次いて火の海に飛び込む?

 

もしかして、私が考えすぎたかも知れません。

ハッハッハ。

李哲の解釈

1~2回流産したら、また同情ができます。

しかし、8回も流産したら愚か者だとしか言えない。

 

中国人として、中医学があるのも知らないなら、もう救いようもない。

  

「傷寒雑病論」の婦人科内容は、数ページしかないです。

(もともと傷寒雑病論の本はとても薄い)

 

しかし、女性の妊娠する前・妊娠中・出産後のすべてのトラブルに関して、処方箋が書いてあり、この処方箋は2千年以上使われている。

 

当帰芍薬散は腹痛によく使うもの。

臨床での症例は、以下の記事が参考になると思います。

 

www.li-hari.net

 

膠艾湯はもともと7種類の生薬で構成されているけど、後世の人たちは炙甘草を取り除いて、名前が「膠艾四物湯」になりました。

 

日本では芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)が既成品として使われていますね。外出先では煎じられないので、とても助かる漢方薬です。

 

芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)は、子宮頸がん治療に最も多く使われています。以下の記事、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

どちらの処方箋が良いかは、臨床で患者さんの症状を見ないと分からないので、信頼できる漢方医に聞いてください。

 


 

鍼灸治療の場合は、もう少し考え方がシンプルなので、治療も迷いが少ないです。

 

去年、2回流産して鍼治療に通った女性がいましたが、10数回の鍼したあと自然に妊娠しました。治療例としては書いてないけど、今後もし同じ治療例があったら書きます。

 

流産したときは、もう一度妊娠するのではなくて、体質改善をしないといけません。なぜなら、臓器の働きを強化しないと、もう一度妊娠しても流産するから。

 

流産する原因は、ほとんど子宮の冷え(温度が低い)。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

冷えの時は、セルフ灸がオススメです。

 

鍼で子宮の環境を強化できるのは、肝経と脾経のツボ。あとは、お腹のツボがあります。関元、中極穴、気海、、血海、三陰交などが有名。

 

妊娠中のトラブルは、すべて鍼灸で解決できるので、困っている方は信頼できる鍼灸院に問い合わせしてみてください。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。