本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

生理が2週間遅れたのは1日の漢方薬で治り、蕁麻疹もついでに治った例

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

两个星期月经不来,一剂而解_郑智城_新浪博客 2014-08-05 05:30 発表)

 

2週間遅れた生理が一晩で治り、蕁麻疹まで治った

最近来た若い女性。

生理が2週間も遅れて、気分が憂鬱、しかも蕁麻疹(じんましん)にもなったそうです。

 

彼女は痩せ型で、顔色は暗い黄色。

脈診では左が弦細。

 

話すスピードが速くて、せっかち。

ふくらはぎが、たまに夜つる。

生理前の1週間は、すごくイライラしやすくて、何でも許せなくなるそうです。

 

生理前のイライラは瘀血が原因

 

諸症状を分析して、処方箋は小柴胡湯+四物湯にしました。

  

翌日、彼女から連絡がありました。

昨日飲んでから、軽い下痢をしたあと生理が来て、蕁麻疹もどこかに消えたそうです。

 


 

私は以前話した事があります。

「血が足りない人は、なにかを許すのが苦手。とても頑固になったり、疑い深くなったりします。」

 

血が足りないと、さらに肝気鬱結(かんきうっけつ)になりやすいので、小柴胡湯+四物湯は合理的配慮です。

 

「小柴胡湯」中の生薬:柴胡(さいこ)の花

「小柴胡湯」中の生薬:柴胡(さいこ)の花

李哲の感想:内臓の調子は、性格にも影響が出る

 

「小柴胡湯」はガス中毒で嘔吐、高熱、胸痛、意識不明の患者さんも救えます。

関連の治療例は、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

「四物湯」は女性の患者さんに良く使う処方箋。

女性専用ではないので、もちろん男性でも使います。

 

「四物湯」の治療例は、以下の記事もあるので、どうぞ参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

貧血を治すとき、理論的に漢方薬は鍼より優れています。

 

漢方薬は医食同源のもので、直接血を補います。

鍼灸は物で補うことができない。体を刺激して間接的に、食べものからもっと吸収するように促進できるだけです。

 

だから、食べ物が体内に入らないと、鍼しても血を補うことはできません。

 


 

遅れた生理を治す時、鍼の効果は漢方薬に負けない。

なぜなら、よく針をしてすぐ生理が来る例があるからです。

 

針をすると体内の気の巡りが速くなるので、生理も少し早めにきます。

 

足つぼ整体の場合は、もう少し遅く効果が出ますね。以下は2年も止まった生理を治した例

 

www.li-hari.net

 


 

鄭先生の記事で一つ分かってほしいのは、内臓の状態で性格が変わること。

イライラ・攻撃的になったり、自殺したくなったり、羞耻心・道徳観念とかなくなります。(西洋医学の言葉でいうと、ホルモンバランスが崩れる)

 

3つの過去記事で触れていますので、どうぞ参考にしてください。

 

▼体調が良くなるとともに、会社の人・家族に「最近は怒らなくなったね…」と言われた男性患者。

 

www.li-hari.net

 

▼しゅう恥心、道徳観念がわからない娘さん。

漢方薬で意識は戻って、公衆場所で自慰しなくなりました。

 

www.li-hari.net

 

▼生理前になると、性格が豹変して怒りまくる。

生理が終わると、穏やかな気持ちに戻るのは、相当な瘀血(おけつ)が溜まっているからです。この患者さんも、漢方薬で治りました。

 

www.li-hari.net

 

自分の子、自分の親友・家族がある日、性格が急におかしくなったら、中医学の先生に診てもらってください。

 

瘀血を溶かしたり、内臓のバランスを取り戻すことで、穏やかな性格に戻ります。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。