本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

心臓が痛いのを改善した漢方薬治療例:「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)

こんにちは。李哲です。

今日は簡単な漢方薬で心臓が痛い、胸が苦しくて呼吸困難になるのを治した例です。

 

中国・郝万山先生*1の漢方治療例。中国語本文のリンク先は、郝万山经方36首故事1 - 好大夫在线

 

目次「李哲の感想」だけ、私が書いたものです。

 

 

隣人のつらい症状:心臓が痛い、胸が苦しいのは、「桂枝加芍薬湯」で改善した

私たちの学校にいる一人の先生、彼女はちょうど私の隣に住んでいました。

 

その時、彼女は50くらいだったと思います。

毎晩心臓の痛みと、胸が苦しくて呼吸困難の症状がありました。

 

彼女は子供一人しかいないので、病気が発作すると非常に不安になって、よく私を呼びました。隣人なので仕方ないですね。

 

私も特に方法がなくて、酸素を吸わせたり人中・内関を刺したり、ニトログリセリンを使ったりして緩和しました。

 

でも、毎回これじゃダメですね。

毎晩私が寝れないから。

 

その時、私も若かったです。

彼女は私より20再年上でしょうか。私は彼女に言いました。

「劉渡舟先生に診てもらいましょう。」

 

劉渡舟先生が処方したのは、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

 

f:id:li-hari:20180818185533j:plain

桂枝(けいし)の画像。

しばらく飲んでから、彼女の夜の発作する回数は明らかに減りました。

私を呼ぶ回数がかなり減ったのです。

李哲の感想:鍼も漢方薬なみに効果が高い

心臓の痛み、呼吸困難には一般的に芍薬を使いません。

劉渡舟先生の処方の根拠が良く分からないですね。

良くなればその根拠があったと思いますが、本人に聞けないのは残念なところです。

 

郝万山先生は内関とか人中を刺したと書いてますが、効果がないというのが不思議です。

 

公孫と内関は八会穴の一つのセットで、心臓病発作のときにとても有効なツボです。一般的な痛みにはこれだけで済みますが、重い場合は足りないかも知れません。ほかのツボで強化する必要があります。

 

以下は2年前の治療例ですが、呼吸困難・動悸は数回で治りました。当時刺したのは公孫+内関。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

漢方薬と鍼灸、両方できれば最強の治療になるけど、やはり漢方薬の勉強だけでも一生の時間がかかるから、針まで精通するのは難しいですね。

*1:郝万山先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。