本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

食あたりの吐き気、胃が辛いのを鍼1回で治した例

こんにちは、李哲です。

食あたりの吐き気を治した私自身の例、参考になると幸いです。

 

2020-04-24

夕食に手作りのポテトサラダを数口食べてから気づきました。ニオイが怪しい、少し酸っぱかったです。

 

やばい!

食中毒になるかも?

 

案の定、無事には済まなかったです。激しい嘔吐・下痢にはなってないけど、食後に胃がムカムカしてきました。

 

胃酸が上がっているというか、吐きたいのに出ない、トイレに行っても便から出なくて、完全に毒素が胃袋の中に閉じこもっている状態でした。

 

中国人は説明すればすぐ分かると思います。にんにくをたくさん食べた時、なんとも言えない辛さです。

 

「大黄甘草湯」は食中毒・食あたりの時、有効な漢方薬だけど、あいにく自宅には常備してなかったです。「大黄甘草湯」の漢方薬症例は、以下、ニハイシャ先生の記事を参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 


 

しばらく経ってれば治ると思ったけど、自信過剰でした。全然治らないので、自分で両側の公孫に鍼を刺しました。以下は当時の施術画像です。

 食中毒で気持ち悪くなり、吐き気がするのを治した公孫

【▲ 食あたりで気持ち悪い、吐き気がするのを治した公孫穴】

 

鍼を刺した直後から、嵐が吹いたように動いた胃袋は落ち着き始め、20分後には半分くらい良くなったけど、たまに激しい気持ち悪い波が来ます。もう一度鍼の深さを調整して響かせたら、効果がもっと上がった感じでした。

 

40分後には辛い波が収まり、胃はOK。置鍼している途中で胃がギュルギュル鳴っていたので、おそらく毒素が分解されて胃が動いてくれたと思います。

 

鍼を取るゴロには、にんにくをたくさん食べた感じはなくなり、横になっても大丈夫でした。一晩寝たら翌日にはほとんど治り、もう一度鍼を刺す必要もなかったです。

 


 

今回の鍼治療例で、感銘したのは2つあります。

  1. 鍼を置く時間は、場合によって40分は必要。
  2. 気持ち悪い、吐き気がする症状に対して、公孫穴は著しい効果がある。

 

以前、日本の鍼灸専門学校に通ったとき、同級生の吐き気・気持ち悪いのは公孫+内関20分で治しました。以下の記事、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

この治療例を書くのは、腕を自慢するのが目的ではありません。どの鍼灸師でも公孫穴を刺せば治ります。

 

肩こり、腰痛以外に、鍼灸はいろんな病気を治せる事を知ってもらえると嬉しいです。