本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

中性脂肪(トリグリセリド)が下がったのは嬉しいけど、中医学でいう「健康」とは違う

こんにちは。李哲です。

2018年、ある女性患者から話を聞きました。

 

患者「会社の健康診断に行ってきたら、中性脂肪(トリグリセリド)がすごい下がって、ビックリしました。米もパスタもよく食べているのに、下がったのはおそらくバレーと鍼のおかげでしょう」 

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180724/20180724160423.png

 

中性脂肪が下がったのは、おめでたい事です。

バレーのおかげであろうと、鍼のおかげであろうと、功労は誰にあげてもいい。

 

一つ説明したいのは、中性脂肪が下がったから健康だと判断しない。

 


 

中医学は独自の判断基準があります。

もっとも大事にしている自覚症状は、以下の過去記事を参照してください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

自覚症状のチェック以外に、脈診、腹診、舌診などで総合診断をします。

 

西洋医学の血液検査データなどは、なくても良いもの。

 

もし中医学の先生が、病院の検査データに頼って治療する場合、ニセモノだと判断して良いです。中医学は西洋医学のデータで、治療効果を判断しません。

 


 

中医学独自の生理学、病理学。

ほとんどの内容は「黄帝内経」から来て、「黄帝内経」が書かれたこの2千年はほぼ変わってない。

 

「医学なのに、2千年の間に”進歩”もないのか?」と質問する方もいるでしょう。

 

残念ながら「日々進歩」している西洋医学と違って、中医学は”進歩”がありません。

 

なぜ基盤の理論が変わってないのか?

 

たとえ話をします。

仏教、キリスト教など、作られた時にすでに完成体です。

仏陀(ブッダ)よりすごい仏教の人物は、それ以後出ていません。

 

中医学も同じ。

作られた時は、すでに完璧の状態です。

 

後世の素晴らしい中医学の先生たちができるのは、その基盤に飾りものを何枚か増やすだけ。基盤自体は変わってないのです。

 

ということは、古代の人々は現代人より頭がいいわけ?中医学を発明したのは宇宙人?

 

f:id:li-hari:20181227001102j:plain

中医学を発明したのは、宇宙人なのか?知りません。


中医学の理論を作ったのは、どんな人なのかは分かりません。

誰が作ったのかを究明するのも難しいです。

 

私たちは昔からの理論をそのまま応用するだけで、すべての病気治療ができます。これは昔の聖人たちの功労です。

 


 

中医学と違って、西洋医学はテクノロジーをバックにしているので、整形などには最適です。例えば事故で手足がなくなったときに、義肢を作って装着。歯が折れた時、入れ歯を作って入れる。

 

このような場合は、厳密に言うと「けが」であり、「病気」とは言いません。

 

つまり、

けがの場合は、西洋医学の治療を受けても良い。

内科の病気には、中医学の治療が最適です。

 

内科の病気なのに、西洋医学の外科治療を受けるのは自殺行為です。

 

中医学と西洋医学の違いに関して、過去記事があるのでご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 


 

針治療のついでに、血糖値・血圧・中性脂肪など下がるのは、臨床でよく聞きますが大喜びはしません。

 

中医学は「健康に対する定義」があるので、いつになったら健康であるかが分かります。

 

たとえ話ですが、

正常な人は食欲・睡眠欲がある

これは皆さんも認めるでしょう。

 

よく寝られるのか?よく食べられるのか?などは、中医学の健康状態をチェックする項目に入っています。

 

中医学はそんな難しい内容を言ってない。

常識を語っているので、中医学を知らない人でも納得すると思います。