本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

14歳の犬が腎不全で「随時死亡する可能性がある」と言われたけど、漢方薬で1年半以上も生きた

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の漢方薬治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

中醫治療狗狗 – 腎衰竭 – 當張仲景遇上史丹佛

(2011.1.23 発表)

 

腎不全で「随時死亡する可能性がある」と言われた犬、漢方薬で1年半以上も生きた

 

小型犬、オス、14歳。

腎不全。

食欲不振で、後ろの足に力が入らない。体力もありません。

 

獣医の診断は、「もう高齢なので随時死ぬ可能性があります。 」

 

犬の腎不全は漢方薬で治る

 

私は直接この犬を診ていません。飼い主が遠方にいるので、メールと電話で症状を聞いて漢方薬を処方しました。基本的な処方は、既製品の「当帰四逆湯」と「真武湯」。

 

今まで1年半以上経つけど、犬の全体的の回復はとてもいいです。

 

ところで、先月胃腸の感染症で飼い主が獣医に診てもらい、たくさんの抗生物質と胃酸抑制剤「ファモチジン」(英:famotidine)、パーキンソン病の治療薬「エフピー(セレギリン)」(英:Selegiline)を使いました。

 

その後、犬の体力・食欲・全体的の状況はまた悪くなりました。

 

漢方薬と西洋薬を同時に使うと、予測不可能な問題が起きます。また、自ら犬を診察することができないので、「その獣医に診てもらってください」と飼い主に話すしかなかったです。

 

李哲の感想:長生きしたいなら、漢方薬。早死したいなら西洋薬!

 

上記の例を見れば分かります。

漢方薬を飲めば、随時死ぬ可能性がある腎不全でも長生きできるけど、西洋薬を飲めば一気に悪くなる。

 

犬も人間も同じです。

西洋薬を飲んで、体調が悪くならない生き物なんていません。

 

ニハイシャ先生の治療記事に出ていますが、西洋薬の副作用で救えられなかった患者さんもいたのです。

 

www.li-hari.net

 

腎不全は西洋薬にとって不治の病です。

「人工透析があるんじゃないか!」と反論する方。

あなたは常識が必要です。

人工透析は「延命措置」で、腎不全を治す「治療法」ではない。

 

この前なくなった梅宮辰夫さんは毎週3~4回、1回数時間の人工透析を受け続けたけど、結局は慢性腎不全でなくなりました。とても遺憾です。

 

本物の漢方医に診てもらったら治ったかも知れません。少なくとも、生活の質をあげて、苦しみを減らせるはず。

 

腎不全を改善・根治できるのは、漢方薬・鍼灸しかありません。(私の鍼灸症例は今後あったら発表します)

 

以下はニハイシャの弟子が書いた治療例。

人間はもちろん、動物にも漢方薬は有効です。

 

www.li-hari.net

 

ニハイシャ先生が言うのは、

「人工透析を止めるのは、早ければ早いほど良い。

長年の人工透析をしたあとは腎臓移植するしかない。」

 

以下はニハイシャ先生が書いた治療記事。

中医学でも治しにくい「腹膜透析」に関しても説明しました。読んだことがない方は、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

*1:李宗恩博士の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。