本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

術後の排尿痛、尿の灼熱感、尿失禁が、一晩で治ったイタリア人男性

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

意大利男子膀胱癌手术后小便困难_郑智城

(2011-12-18発表)

翻訳文

今日遠方からの電話がありました。

イタリア女性がフロリダ州から電話をしてきて、非常に緊張した声でした。彼女が言うのは、友人の紹介で電話してきた。彼女のご主人は最近膀胱がんの手術後、排尿の時に熱くて痛い。しかも、ほぼ尿失禁になって今は寝たきりだそうです。

 

私は彼女に聞きました。

「なぜ膀胱がんになったですか?」

彼女:「ご主人は小便に血が出るから、病院に行って検査をしたらがん細胞が見つかりました。そしてすぐ手術。計2回やりました。」

 

小便に血が出るのは、よくあることです。

必ず膀胱がんだとは言えない。

 


 

中医学ではこの症状を、下焦の湿熱証だと言います。

何種類かの生薬で解決できます。

例えば肉桂、知母、黄柏など。

 

こんなに大げさにする必要がない。

ひょっとしたら、小薊(しょうけい)一つだけで良いかも知れません。

 

f:id:li-hari:20190105124619p:plain

小薊(しょうけい):止血作用がある生薬

 


 

がん細胞は誰でも持っています。

男性が怖がっている前立腺がんを例えると、西洋医学の研究データでは97%の前立腺がん患者さんは何の治療をしなくても大丈夫。ちゃんと生きます。

 

このデータで分かりますが、西洋医学の過度診断治療はどれだけ氾濫しているのか。

 

中医学の陰陽弁証だけ、どれが本当の癌でどれが普通の病気のかが分かります。しかし、手術しちゃったらもう言っても無駄。

 

この女性はきっと病院から答えが出なくて、こちらに電話してきたでしょう。

 

西洋医学にとって、患者さんが手術台から生きて帰っただけで成功です。

ほかの事は、西洋医学が関心するものではない。

 


 

私は電話の中で詳細を聞いて、中医学で言う『気淋』+『膏淋』の症状であるのが分かりました。

 

この男性の小便には、たくさんの混濁物(小さな肉の腐乱した組織みたいなもの)があり、排尿の灼熱痛があって、生きているのが辛くて死んだほうがマシだそうです。

 

死んだほうがマシだというので、彼女たちは一番速いスピードで送ってほしいと言ってました。宅急便は何倍の料金になりますが、彼女たちは1日でも速く届けてほしいと要求。

 

彼女が焦っていたけど、私も焦り。

すぐ処方して当日に宅急便で送りました。

 

処方に含んでいるのは山薬、竜骨、牡蛎、車前子、党参、乳香、没薬などなど。

f:id:li-hari:20180430114433j:plain

乳香(にゅうこう)の画像

飲んだ翌日にまた電話が入りました。

もう治って、非常に喜んでました。

 

私も嬉しかったです。

李哲の感想

膀胱がんでないかも知れないのに、手術しちゃいましたね。

これはもうどうしようもない。

 

排尿痛(灼熱痛)、尿失禁は明らかに手術の後遺障害です。無辜な患者さんは実験体になって地獄級の苦しみを味わい…上記の患者さんは、もう二度と手術しないでしょう。

 

鄭先生の記事では、2つの事が分かります。

1つ目は、97%の前立腺癌の男性は、ほっといても 命に別状はない。

 

しかし、現時点で西洋医学の先生は皆手術をしたがる。

 

金になるから。

ただこれだけです。

 

過度な診断、過度な治療。

これは西洋医学の大きな問題点でもある。

 

2つ目は誤診が多い。

誤診の例は以前の記事にも書いてあります。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

頻尿、尿が出ない、小便の出血。

以上の問題があったら、漢方薬若しくは鍼灸治療を受けてみてください。手術・西洋薬より副作用がなくて効果もある。

 

鍼治療ができない方は、私が以前書いた お灸の方法を使っても効果があります。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

鍼治療の場合は中極、陰陵泉、三陰交などで尿を出す事ができる。排尿障害、排尿痛は中極穴一つだけで十分です。

 

漢方薬みたいに一晩で排尿痛、尿失禁が治るとは保証できませんが、数回の施術で効果が見られます。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。