本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】医者も驚いた、目の急性炎症

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

西班牙裔中年男一次“触目惊心”的急性发炎_郑智城

(2012-08-04 06:20発表)

翻訳文

数週間前、一人の太ったスペイン中年男性が来て、私に中国語で挨拶しました。

「ニーハオ。今日先生のお父さんは、いないですか?」

 

彼は最初、私のお父さんが担当したので、お父さんのほうが印象深かったです。

 

彼は中国人の印刷会社で働いて、もちろん大量の中国語業務があって、彼も自然にある程度の中国語が話せるようになりました。

 

座ってから彼はサングラスを外して、私に目を見せてくれました。

「目に炎症が起きています」

 

私は見て背中がゾッとしました。

彼の左目はすごい赤いだけではなくて、大きな黄色い浸出液が垂れている。ア然とするしかなかったです。

 

私は彼に聞きました。

「なんでこうなったんですか?」

 

彼は仕方がないように言いました。

「天気が暑くて。ある日、扇風機の掃除をしていたら、たくさんのホコリが飛んで、目に入りました」

 

彼は前から便秘症で、いつも便秘を治しに来てました。今回はちょうど目の炎症で腫れて痛い。便秘症と関連性があるのか?

 

眼診では彼の外側に、太くて赤い血管が見えました。

 

「胸は苦しい時がありますか?」

「そうですね。たまにキュと縮まる痛みもあるし、たまに心臓がドキドキします」

 

脈診ではすごく弱い。

「とても疲れやすいですか?」

この問診は要らないものでした。彼は疲労困憊の顔だったので。

 

見た感じでは虚証もあり、実証もある。ちょっと簡単には治せないものです。

いろいろ考えてから、彼のお腹を押してみたら、比較的に痛みが強かったです。

 

最終的に大柴胡湯(だいさいことう)を出しました。ただし、大黄を蒲公英1両にチェンジ。

 

蒲公英はもともと目の炎症が治せます。そして便通を良くする作用もあって、大黄よりは緩やかです。

 

f:id:li-hari:20180806231733j:plain

蒲公英(ほこうえい)の画像

 

彼の心臓にも問題があるので、を瓜蒌(かろ)薤白(がいはく)を追加し、腎虚証なので鎖陽(さよう)を追加して5日分出しました。

 

数週間後の今日、彼は突然入ってきて「名刺をください」と言いました。友人に上げたいそうです。

 

私はすぐ前回の漢方薬はどう?と聞きました。彼が言うのは、「あと1日分残っています。もう治ったので飲みきってないです」

 

「心臓はどうですか?」

「最近は何も起きてなくて、調子がいいです」

 

そして急いで名刺を渡して、彼を見送りました。

李哲の感想:

鄭先生の治療例を分析してみます。

 

便秘は中医学で「陽明病」だと言う。 

腸に毒素がたまった場合、毒ガスは横隔膜を通って顔にまで上がり、目の炎症みたいになります。 

 

治療としては、便通を改善すれば 目の炎症も良くなる

 

宿便の毒性で目の炎症が起きたと言ったら、西洋医学の先生はきっと「はぁ???」と言うでしょう。経絡・気はうさんくさい物だと思われるから。

 

効果があるのは、その科学的根拠があります。

なぜ効果があるのかを分からないのは、あなたの問題。

 

西洋医学は目の炎症だから、強い抗生物質を出すでしょう。一時的に良くなるかも知れませんが、根本が改善しないのでまた再発します。

 

目の外側は胆経の太陽穴(瞳子りょう)、三焦経が通ります。鍼治療としては外関、もしくは液門・陽陵泉などが考えられる。

 

それよりも、刺絡(しらく)が一番早いかも知れません。

 

以前日本の鍼灸専門学校の同級生から話を聞きました。目が真っ赤になって痒かったとき、鍼灸師の知人が耳で刺絡してくれたら、その場で赤みが引いて目のかゆみもなくなって、同級生は感動したそうです。

 

鄭先生の記事を見れば分かります。

患者さんには腎虚証に心臓の問題もあり、便秘があって目の炎症もあるけど、一人の先生が全部解決しています。

 

これが中医学の先生に診てもらうメリット。

病院に行ったら、たらい回しされて大変な事になるでしょう。