本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】天然痘の消失はワクチンのおかげか?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180426/20180426010648.jpg

 

こんにちは。李哲です。

今日は中医師:鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

历史上天花流行的绝迹真的归功于疫苗吗?_郑智城_新浪博客

翻訳文

皆さん、歴史を振り返って見ましょう。

 

データの源はSuzanne Humphries医師の本です。

 

1800年からイギリスでは天然痘ワクチンをし始めました。

 

1850年にやっと強制的に全国民に天然痘ワクチン接種をし始め、違反する人は罰金刑若しくは刑務所。

 

しかし、毎回ワクチン接種後に天然痘が流行り、イギリス国民は天然痘ワクチンを疑うようになりました。

 

その中の一つ、25万人の人口がある都市Leicesterは特に反発が強かった。

 

1872年の天然痘大流行でLeicesterの市民たちは90%のワクチン接種率なのに、天然痘災害がひどい(3000人感染、358人死亡、すでにワクチン接種をした人を含め)から、我慢できなくて政府の強制的な接種する法律に違反する事になりました。

 

1885年、Leicesterの市民たちは大規模なデモを行い、全ヨーロッパの人も参加しました。

 

その年からLeicesterの地方政府は妥協して、強制的にワクチン接種する法律を廃止。

 

この都市のワクチン接種率は急に下がって、新生児の約10%だけ天然痘ワクチン接種。

 

同時にこの都市は、厳格な衛生管理と隔離措置をし始めました。

 

その後から、Leicesterの毎年の天然痘感染者は2~3人。

 

1893年天然痘災害がひどい時期、イギリスのもう一つの都市、ワクチン接種をたくさんしたも都市Mold,Flintshireの死亡率はLeicesterの32倍!

 

Mold/Flintshireの死亡率は3614/百万人。

 

10歳以下でワクチン接種してないLeicesterの死亡率は144/百万人!

 

ワクチン接種を大規模に行ったBirminghamは当期、1万人に感染者が63人、その中の5人が死亡。

 

Leicesterの状況は、1万人に感染者は19人。その中の1人が死亡。

 

今回の天然痘災害が爆発した時期、10万人毎にLeicesterの死亡率は5.7人。

Birminghamは8人。

Warringtonは10人。

Middlesbroughは14.4人。

 

時間が経つことでLeicesterの天然痘死亡率は下り始め、1902年~1903年の災害中は10万人毎に死亡率は5.3。

1903~1904年の死亡率は1.2人。

 

史上でこれはLeicesterの経験だと言われています。

 

厳格な都市衛生管理と病患の隔離措置こそ、天然痘の災害を収める有効な方法。ワクチンではありません。

 

日本は1885~1892年の間、156172人が感染されてその中の39979人が死亡。

 

そして、1892年から日本政府は生後1ヶ月の赤ちゃんに、7歳まで毎年ワクチン接種するようにしました。

 

もし天然痘の流行りがあったら、全国民に強制的にワクチン接種するようにしました。

 

しかし、1892~1897年の5年の間、日本は142032人が天然痘に感染され、その中の39536人が死亡。

 

ワクチンの功労は?

 

1896年から日本政府は、強制的に全国民に5年毎にワクチン接種するようにしました。

 

しかし、1897年日本の天然痘死亡率は32%に上昇し、ワクチン接種前の2倍になりました。

 

アメリカでは1948年、だいたい200~300人が天然痘ワクチン接種で死んでいる。同じ年に自然な天然痘で死んだ人は1人だけ。

 

データの源は、David Koplow, 《Small Pox: the right to eradicate a global scourge》. University of California Press, 2004, P.21.。

 

1974年、インドはワクチン接種率88%(85%的herd immunityを超え)を達成した状況で、ひどい天然痘災害が起きて10万人が感染されて3万人が死亡。