本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

右腕が痛いのが再発したのを鍼1回で治した

こんにちは、李哲です。

この前、パソコンで腕を痛めたのを治した記事を書きました。

 

www.li-hari.net

 

今回はその続編になります。

 

再発した右腕の痛みは、鍼1回で治した

 

2021/2/3

40代の女性。

2週間に治療した右腕の痛みは、その場ですごい軽くなったけど、帰ったらまた痛みが戻ったそうです。1回で治ったと私も喜んだのに、予測外の結果でした。

 

彼女から痛みの詳細を聞いて、今回刺したのは反対側の曲池、外関(補法)。15分後、痛みがどうなってるか、彼女に聞きました。

 

彼女が言うのは、「まだ痛い、あまり変わってないです。」

 

右腕が痛いのは、鍼1回で治った

 

ツボはそのままにして、今度は瀉法を行い、鍼を回した後もう一度聞きました。

 

私「痛みはどうですか?」

彼女「うん?!ほとんど痛くないです。。。鍼ってすごいですね!」

 

そのまま置針して、15分後には鍼を取りました。痛みはもちろん消えています。万が一、右腕の痛みが再発したら、次回も同じ治療をすれば良いです。

 

「鍼はすごいですね!」と言われたのは、ほかにもありました。以下は心臓が痛い女性が2回で治った例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

痛みは実証と虚証があるので、補法もしくは瀉法が必要

 

途中で補法から瀉法に変更したのは、彼女の痛みは虚実が混ざっているからです。痛めた最初は、みんな単純な実証で治療が簡単、ほとんど1個のツボで足りる。

 

しかし、時間が経つことによって、実証が虚証に変わり、虚実が混ざる複雑な状況になります。治療するときはちょっとコツというか、臨床経験が必要。瀉法と補法、両方すれば複雑な痛みが消えます。

 

鍼はなぜ痛み・不定愁訴を治せるかは、過去記事で説明しました。以下の小論文、参考になると幸いです。

www.li-hari.net 

上記にも説明したように、最初はみんな実証で治すのが簡単。だから、腕を痛めた・ぎっくり腰になったときは、すぐ鍼治療を受けた方が良いです。効果が良いだけではなくて、治りも早い。実証が虚証に変わり、複雑な状態に陥ったときは、簡単に1~2回で治りません。

 

みんな最初から鍼治療を受けて、肝障害(肝不全)・腎障害(腎不全)になる鎮痛剤を飲まなければ、病気と痛みで苦しむ人たちが圧倒的に減るはずです。