本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

芸人の闇営業は、医師の「闇営業」に比べたら月とスッポン!医療で患者は死ぬけど、笑いで人が死ぬことはない!

こんにちは。李哲です。

芸能人の闇営業には、あまり関心がありません。

今日は話したいのは、医師たちの闇営業。

 

簡単にいうと、医師たちが製薬会社のマネーをもらって、製薬会社の薬が認可しやすくなるように、もっと市場で売られるように、いろいろ活動することです。たとえば医学論文のデータの改ざん・ねつ造、前にもニュースで報道されました。

 

以下は今回見たネット記事です。

 

toyokeizai.net

 

製薬会社と医師の癒着関係は、以前から問題視されていました。ただし、公の場にはあまり出ていません。

 

それもそうでしょう。

テレビのスポンサー一覧に製薬会社がない番組って、何個あるか数えてみれば分かります。

 


 

当ブログには、米『サイエンス』に載せている記事を翻訳したのがあります。

西洋医学がもっとも発達しているアメリカでは、法律も日本より透明化・公正化しようとしていますが、それでも医師と製薬会社の癒着関係はドロドロ

 

なぜ避けられないのか?

詳しくは以下の翻訳文をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 


 

芸能人の闇営業と医師たちと比べて、月とスッポンだと言ったのは、芸能人がほかのところで演出しても誰が死んだりしません。しかし、医師たちは違います。

 

医師は命に関わる仕事。

偽の証明・改ざんしたデータなどで薬が許可・販売されて氾濫した時、被害者は一人で終わりません。

 

世界で1万人以上の奇形児を生み出した、サリドマイド事件。

日本では子宮頸がんワクチン接種で、様々な重篤な副作用が起きた子供たち。

 

www.li-hari.net

 

これは公の場に報道された被害者だけで、氷山の一角に過ぎません。闇に埋もれた被害者は、山ほどいます。

 


 

現在、被害者がもっとも多いのは、がん治療分野。

これは、すごく儲ける「ビジネス」になり、もはや「人を救う医学」ではなくなりました。

 

がん治療医は大儲けする。

(年収がいくらか、以下の記事に書いてあります)

がん治療薬を開発した製薬会社も大儲け。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190101/20190101231015.jpg

患者さんが治療で死んだら、今度は「癌は怖い!」と病気のせいにして、「癌は早期発見早期治療が必要!」と宣伝。さらに新規のがん患者を集めて、さばき続ける。

 


 

西洋医学が、抗がん剤の有効率をアピールするとき、気をつけてください。

アメリカFDAの定義によると、

抗がん剤が効くと言うのは、「癌細胞が28日以内に50%縮小したこと」

癌が治ったわけではない!


詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

言い換えると、60日後に癌細胞がまたもとに戻っても、100日後は薬の副作用で死んでも、抗がん剤は効くと定義するわけです。ウラ事情を知ったら、あなたはきっとおかしいと思うでしょう。

 

しかし、「科学的根拠がある研究によると、抗がん剤は効く」のです。

 

患者さんはこんな事も知らないから、相次いで無謀な冒険を始め、すべてを賭けるけど最後は命も全財産も、すべてを失う。

 


 

未知の副作用が多いのに、病気治療薬として販売できるのは、医師たちの宣伝活動の助長が欠かせない。医学論文データの裏付け、もしくはほかの薬販売に有利な活動など。

 

昼間も夜も高級お弁当を無償でもらい、講演しただけでに数百万円をもらえる。

こんな待遇に恵まれた医師、薬の宣伝を頼まれたとき、断れる人はいますか?

 

人情からしても、他人のお金をもらって、その人の悪口は言えません。

 

f:id:li-hari:20190722233842j:plain

 

製薬会社と医師たちの癒着を切り離すのには、いくら払ったのかを透明化・公開化する必要があります。しかし、これは非常に難しいこと。なぜなら、膨大な利益共同体が関わっているからです。改革のためには、全国をあげて変えないといけません。

 


 

製薬会社が医師たちにワイロをして、自分に有利な研究論文が書けるようにするなら、これを止める一つの方法があります。

 

「病気を治した先生だけ、医学論文・医学関連記事が書ける」

と法律で決める。これは、私が尊敬しているニハイシャ先生が、論文の最後に提唱しました。

 

www.li-hari.net

 


 

もしこうなると、皆さんがグーグルで情報を調べるときは、すごい変わりますね。「世の中に医学記事が少なっ!」と思ってしまうはず。

 

たとえば、「風邪 治す方法」と調べたとき、西洋医学関連の記事はすべて消える。なぜなら、風邪の原因となる「ウィルス」を殺せる西洋薬は、存在しないからです

 

たとえば、「足の感染症 治療方法」と調べたとき、抗生物質の記事も消える。なぜなら、薬剤耐性菌の出現で、抗生物質が効かなくなっているから、もちろん載せてはいけません。

 

また、たとえば「坐骨神経痛 治療」と調べたとき、西洋医学関連の記事は半分以上が消える。なぜなら、鎮痛剤・手術で治せてない症例がたくさんあるからです。治ったところか、手術の後遺症で半身マヒになった人すらいます。

 


 

しかし、こんな法律作る国は、ありますか?

 

100年に1回しか出ない国、ワクチン義務接種を廃止するイタリアが、全世界でバッシングされたのに、病気を治せる医師だけ医学関連の記事が書ける」と法律が決まったら、めちゃくちゃな事になるでしょう。

 

アラビアン・ナイトみたいな想像ですが、そうなる日がくることを祈ります。

 

www.li-hari.net

 

(おわり)